勤務医目線のマイル&ポイントライフ

勤務医目線のマイル&ポイントライフ

勤務医マイラーとして、ポイントとマイルのどちらがお得か日々模索しております。

ANA SFCプレミアムカードを徹底比較!一番のオススメは、、、、

どうも、勤務医マイラーです。

前回はJGCプラチナカードについてみてみましたが、ANA組の方はSFC修行を解脱された方も多くいらっしゃるかと思います。今回はANA SFC プレミアムカードについてみていきたいと思います。

 

f:id:donguri-Genie:20200201212325j:plain

SFC(スーパーフライヤーズカード)とは

スーパーフライヤーズカードは「ダイヤモンドサービス」メンバー、または「プラチナサービス」メンバーのお客様がお申し込みいただけるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。

出典:スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

JGC同様、ANA プラチナステータス到達後に、SFCクレジットカードを申し込むことでプレミアムメンバーサービスを継続できるサービスです。

(SFCについてはこちら↓もご覧ください)

www.ana.co.jp

 

SFCプレミアムカード

JALカードと異なり、合計4ブランドのプレミアムカードが選べます。また、それぞれのブランドが提携発行しているため、プロパーのプラチナカードとほぼ同じ特典が利用できることもJALプラチナカードとの違いです。その分、プロパーのプラチナカードよりも年会費が高くなっていることもあります。

SFCプレミアムカード特有特典

SFCゴールドカードとプレミアムカードの違いは、マイル還元率と旅行保険、またそれぞれのカードのプラチナ特典、となります。

他にプラチナカードを持っていて、メインカードとしてSFCカードに統一する場合プロパーカードとほぼ同一の特典がありますのでお勧めですね。

また、SFC会員では不要ですが、ANAプレミアムカード会員であればANA便利用時に、ANA国内線ラウンジに入れます(本会員のみ)

これはSFC修行時にとてもとても役に立ちますね、、プライオリティパスのプレステージ会員も付帯しますので、海外の空港でも存分に利用できますね。

SFCプレミアムカードの種類

プレミアムカードは下記の四ブランドが選べます。

  1. ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム
  2. ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード
  3. ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード
  4. ANAアメリカン・エキスプレス® スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード

年会費などがだいぶ異なりますので、それぞれ見ていきましょう。

ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム

f:id:donguri-Genie:20191214090332j:image

年会費 本会員77,000円 家族会員 4,400円

ボーナスマイル(本会員)

入会 10,000マイル
継続 10,000マイル
特別 2,000マイル
ボーナスマイル(本会員・家族会員)積算率 50%
海外旅行傷害保険1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険1億円(自動付帯)
国内航空傷害保険5,000万円

換算率1,000円=2ポイント (うち1ポイントはボーナスポイント)=13マイル

出典:スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード

f:id:donguri-Genie:20191214090344j:image

年会費 本会員 170,500円 家族会員無料
ボーナスマイル(本会員)
入会 10,000マイル
継続 10,000マイル
特別 2,000マイル
ボーナスマイル積算率 50%
海外旅行傷害保険 1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 1億円(自動付帯)
国内航空傷害保険 国内旅行傷害保険で補償
クレジットポイントからマイルへの移行
移行手数料(年間)無料
換算率 100円=1.5ポイント=1.5マイルANAグループ 100円=2.5ポイント(一部対象外あり)

出典:スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

f:id:donguri-Genie:20191214090353j:image

年会費 本会員88,000円 家族会員4,400円

ボーナスマイル(本会員)
入会 10,000マイル
継続 10,000マイル
特別 2,000マイル
ボーナスマイル(本会員・家族会員)積算率 50%
自動付帯保険最高補償額(本会員・家族会員)
海外旅行傷害保険 1億円
国内旅行傷害保険 1億円
国内航空傷害保険 5,000万円
クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)
移行手数料(年間) 無料
換算率 1,000円=1ポイント=15マイル

出典:スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

ANAアメリカン・エキスプレス® スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード

f:id:donguri-Genie:20191214090402j:image

年会費 本会員165,000円 家族会員無料(4枚まで)
ボーナスマイル(本会員)
入会 10,000マイル
継続 10,000マイル
特別 2,000マイル
ボーナスマイル(本会員・家族会員)
積算率 50%
自動付帯保険最高補償額(本会員・家族会員)
海外旅行傷害保険 1億円 
国内旅行傷害保険 1億円 
国内航空傷害保険
国内旅行傷害保険で補償
クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)
移行手数料(年間)無料
換算率 ANAグループでのご利用100円=2.5ポイント=2.5マイル
その他のご利用100円=1ポイント=1マイル

出典:スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

 

旅行保険やボーナスマイルは大体各社横並びですね。アメックスですと、更新した際、ホテルに一泊宿泊できるフリーステイギフトがもらえます。ダイナースでは一休ダイヤモンド会員特典が付きます。また、JCB以外はレストラン一名分コース代金無料サービスがあります。

 

アメックスやダイナースのプロパーカードは、近年マイル移行上限が厳しくなっており(年間 40000マイルまで)ポイントは貯まりやすいですがなかなか使いづらくなってきております。ANAマイルをメインでためたい方はANAプレミアムカードにメインカードを変更するのも良いですね。

個人的なオススメは!

いかがでしょうか?個人的なオススメとしては、年会費やサービス、マイル還元率を比較すると、一番はANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードと考えます。

みなさんも現在のカードと比較していただき、一番ぴったりなSFCプレミアムカードを検討してみてくださいね。